FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(10代の若者へ)人は変われるか

自分が昔書いていたブログの記事を転載して、
最後に今の自分がコメントを付けるシリーズ



人間嫌いという才能(2009年)から


----

(10代の若者へ)人は変われるか


高校の卒業式を終えて、3月の残りをゴロゴロ過ごしていた。


ある日、でたらめにテレビのチャンネルを回していたら、
高校野球中継が目に留まる。



そのまましばらくの間、高校生が画面の中で走る様子を眺めた。

選手全員が私より年下であることに戸惑いを覚えた。



遠くで洗濯機の音が聞こえる。当たり前だが、洗濯機のリズムは乱れない。

開いた窓から吹き込んでくる風はまだ冷たいけれど、風のにおいから
今日の天気が良いことと、雪がすっかり解けていることがわかった。



試合を見ているうち、私ははらはらと泣き出してしまった。


「こういう大舞台を経験すれば私は変われるのかな」


ごく普通に学校生活を送ってきたつもりなのに人並み以下である現状が、
情けないやら、悔しいやらで泣いてしまったのである。





大学時代はずいぶん背伸びさせてもらった。

私にとっての「甲子園経験のようなもの」も確かにあった。




でも、私は変われなかった。




「人は変わる」

というのは本当かもしれないが、


しかし、

「自分の力で、自分の望みどおりに変えることができる」

こととはまた別の話だ。



もっとも、私の場合、どう変わりたいのか明確でなかったのだけれど。




とりあえず、

「『今の自分とは違う何か』に変わりたい」

とか

「『明るい性格になりたい』『リーダーシップが取れるようになりたい』」

程度の漠然とした意識では、望む自分には変われないことだけはわかった。




それから、

「なにか貴重な経験ができれば人生が望ましい方向に変わる」

というのは、いま思えば単純すぎて笑うしかない。




言うまでもなく、変わるためには大きなエネルギーが必要だ。

人によっては、そのエネルギーを別のことに使った方が良いのかもしれない、

そんなことを思った。


私の場合、変わろうとしてエネルギーを使ったことの代償の方が大きかったから。




まあ、でも、無理やり話を戻すと、高校球児のエネルギーに溢れる
「最後の夏」的な経験って、側から見ていて気持ちが良い。


それに、彼らの「最後の夏」はこれから毎年更新され、深みを増してゆくと思うと
羨ましい気もする。



高校野球を純粋にゲームとして楽しめたとき、
私はまた少し大人になるのだろう。当分先の気がするけれど。


(以上)
----


春のセンバツ高校野球が開幕しましたね。


この記事を書いてから6年が経ちました。

最近は、ゆっくりテレビで高校野球を見ることができませんが、
仮に試合を見たとしても、私は、未だに高校野球を純粋に
ゲームとして楽しむことができないと思います(苦笑)。


「人は変われるか」

同じようなテーマで何回も記事を書いている気がしますが、
書くたびに内容が変わっている気がします。

とりあえず、2015年3月の私の回答は下記のとおりです。


「人は変われるか。」の意味が

「自己イメージや、他者から見た自分の印象を変えられるか。」

という意味なら、社会心理学の分野で多くの研究がされており、
詳しくはそれらを参照していただきたいのですが、

「変えられる。」

と結論付けて差し支えないと思います。


また、「人は変われるか。」の意味が

「自分の望ましくない行動や習慣を変えられるか。」

という意味なら、行動療法の分野で研究がされていますし、

「自分の望ましくない性格を変えられるか。」

という意味なら、人格心理学の分野になるかと思います。



・・・でも、当時の私が求めていたのは、そういう話では
ないでしょう。


ひょっとすると、私は「変わった」のかもしれません。

昔の私ならば、「人は変われるか。」という一文を見れば、
様々な思い出とともに、この一文の意味する正確な内容が
即座に想起されたのかもしれませんが、

今の私は、「人は変われるか。」という昔の自分が発した
問いの内容を確定させるために場合分けなどをして考えを
整理しなければならないようです。


少しずつ思い出してきましたが、
おそらく、「人は変われるか。」という問いには、

「今のままの自分じゃ生きて行けない。

 将来を楽観できるような自分になりたい。」


そういう問題意識があったのではないかと思います。


それを踏まえて昔の私に対して語るとすれば、


「変わらないと食べて行けないような状況になれば、
 人は変わるかもしれない。」

「そこまで切羽詰ってなくても、新しい社会的役割を
 担うよう求められる状況になれば、人は変わるかも
 しれない。」


「必要に迫られないとなかなか人は変わらないのだと思う。」

「もっとも、私のように鈍くさい人間は、必要に迫られて
 いることに気づかない場合もあるんだけれど。」


「社会人になった時のことを考えて、あらかじめ社会人として
 求められる規範や価値を身に付けて自分を変えようとする
 (一種の予期的社会化)ことが上手く行けば、社会人の入口
 としては及第点ではないか。私は上手く行かなかったんだけ
 れど。」


「もちろん、自分を変えることが上手く行かなくても、自分に合う
 環境に身を置けばなんとかなる場合もある。」


「自分を変えることができず、自分に合う環境に身を置くことも
 できず、ことごとく失敗して、いよいよ生活が成り立たなくなった
 としても、最後は生活保護があるから、安心して限界まで
 挑戦を続けてほしい。」


そんなふうに語るのかと思います。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
スポンサーサイト

やっぱり共感は怖い(3)

自分が昔書いていたブログの記事を転載して、
最後に今の自分がコメントを付けるシリーズ



人間嫌いという才能(2009年)から


----

やっぱり共感は怖い(3)



前回の記事で私が勘違いをしていると思うならバナーをクリック
して欲しい旨書いたが、クリックはなかった。


私が勘違いしていないと思っているのか、それとも反響がないだけなのか、
よくわからないが、とりあえず私は勘違いしていないと解釈しておく。



なるほど、それならばメンタルヘルスの問題としての共感に関して
これ以上書く事はない。



ビジネススキルとしての共感に関して一言。


ビジネススキルとしての共感はぜひ身につけたいところだ。

収入に直結するから。



しかし、その共感とは、つまり仕事上の利害関係者との共感であり、

これを推し進めるのはなんとなく怖い。



「共感できない者同士で仕事をするのは不合理」

「勝ち組と共感する者しか勝ち組の仲間入りは出来ない」

「弱者の共感を誘うことで効率的な弱者ビジネスが展開できる」


「共感できる相手を求めてさまようマイノリティから、現金を一気に

 吸い上げるビジネスモデルの構築こそが、多数派に求められている時代」




こんなことが当たり前に騒がれだしたら…と思うと怖いのだ。

共感が格差を固定化し、共感が多数派と少数派の上下関係を決定づける、

そんな可能性が少しでもあるんじゃないかと思うと、怖くて怖くて。



共感できないことを理由に他者を排斥しなければ良いだけの
話なのだけれど、それが難しいことは誰でも知っている。



結論としては、メンタルヘルス問題としての共感について、
心の専門家でない素人はあまり「他者に共感すべし!」と騒ぐなと。


でも、ビジネススキルとしての共感は、自分の身を守るために
身につけておかないと困る、ということだ。




「とりあえず言いたいことはわかった」という方はバナーのクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村

注)私の気持ちに「共感」していることまでは必要ありません。



(以上)
----


当時の私は、社会から排斥され、搾取されるのではないかと
怯えていたのたど思います。


いわゆる「ひきこもりニート」の状態でしたから、

「このままでは誰とも話が通じなくなってしまう。」

という焦りもあったのでしょう、被害妄想っぽい語り口に
なっていますね・・・


でも、共感に対する恐れの気持ちは、今でもなお私の心の片隅にあります。


正月に下記の番組を見ました。


ヒトラー 権力掌握への道 前編|BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1


「大衆は愚かだ。感情と憎悪でコントロールできる。」

ヒトラーはそう言ったそうです。


憎しみの感情に対する共感が広がり、さらには、憎しみの感情に
共感しない者を排除する、そのような事態は悲劇を招くでしょう。


フランスで悲惨なテロ事件が起こりました。
50カ国もの首脳が追悼デモに参加するそうですが、市民が
必要以上に怒りや憎しみ、嫌悪感を煽られることのないように
願います。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

雨の高校野球県大会決勝戦

自分が昔書いていたブログの記事を転載して、
最後に今の自分がコメントを付けるシリーズ



人間嫌いという才能(2009年)から


----


雨の高校野球県大会決勝戦


悪趣味かつベタなので、あまり人には言えないが、私は昔から
『雨が降る中での高校野球県大会決勝戦、試合終了の瞬間』を
見たいと思っていた。


今年はそのチャンスが訪れる気がした。


テレビをつけたら夏の高校野球県大会決勝戦が放送されていて、
1回ウラ、小雨が降っていた。

私は急いで自転車を漕ぎ、市民球場へ向かった。


着いたときには、4回表。まだ霧雨が降っている。
一塁寄りのバックネット裏の最上段から試合を見ることにした。


カメラマンが、レンズに付いた雨滴を手際よく拭き取る様子に
感心したり、

「ああ、1塁にランナーがいるときはこのアングルから撮って
 いたのか」

などと試合と関係のないことを考えているうちに、気が付けば
9回ウラとなっていた。

雨は上がっていた。


ショートゴロで試合が終了すると、歓声が響いた。
マウンド上では選手たちが抱き合い勝利を喜んでいる。


多くの観客はその場面を見届けると球場を後にしたが、
私は、閉会式が終わっても決勝戦の空気が残る球場に佇んでいた。


さっきまで涙を流していた敗者たちも、ある者は淡々とした表情で
新聞記者のインタビューに答え、またある者はベンチ内を片付けて
いる。

テレビ局の撮影スタッフがカメラ類をアルミケースにせっせと
仕舞い、私の前を通り過ぎていく。


のんびり感傷にひたっているのは私だけか。


「わかった。私は『ものの終わり』がわからないのだ。」


西日が差してきた。


いっそ、最後の一人になるまで残ってやろうと思ったが、
選手たちより長くこの場に残っていてはいけない気がしたので、
球場から去ることにした。


(以上)
-----


大学を卒業したものの仕事に就くことができず、ブラブラして
いた・・・いえ、引きこもっていた私が、郷里に帰る1ヶ月くらい
前に書いた記事かと思います。


私は高校野球を見るとどうしても感傷に浸ってしまうのです。


「大観衆が見つめる緊張感の中、世代最高レベルのメンバー同士で
 試合を重ねる」

「勝って顔をくしゃくしゃにして笑ったり、負けて泣いたりする」


まさに人生最高の経験をしているように見える彼らをうらやましく
思うとともに、


「これから先、彼らは『余生』をどういう気持ちで過ごすのだろう」

などと考えてしまう暗い私です。



あのときの昂ぶり―。
今後の人生で、それ以上のものを味わえる可能性があるのは、駒大
苫小牧のエースで楽天から一位指名を受けていた田中将大と、早実の
エースで早大進学を決めていた斎藤佑樹、2人だけのように思われた。

(中略)

必然、心を動かしにやってくる出来事は天秤にかけられることになる。
あの夏より重いか、軽いか―。そして当然のことながら、その秤を
動かすことのできる「重り」はそうやすやすとは見つからない。いや、
そうやって比べている限り、生涯、手に入らないかもしれない。

(中村計「あの夏を越える夏を探して~早実ナイン、一年後の葛藤~」
[矢崎良一「白球と宿命」第3章 96頁])


このときの私は、
これから先の人生において大きな出来事など何も期待していないこと
から生じた学生時代の余韻を味わいながら、毎日を過ごしていたの
でしょう。


「単に学生気分が抜けていなかっただけ」とは明らかに違う、
不健康な思考をしていたことを今も覚えています。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

共感はビジネススキルか

自分が昔書いていたブログの記事を転載して、
最後に今の自分がコメントを付けるシリーズ



人間嫌いという才能(2009年)から


----


「心の専門家は別として、素人が共感、共感と騒ぐのは無理しすぎだ」

「素人も共感を持って弱者を助けるべき、という風潮が広まれば、
 弱者は心を閉ざしかねないし、助ける側もやりにくい」

前回書いたが、


書いた直後から何か違和感があった。



違和感の正体を考えてみる。



「わざわざ私が言わなくても、誰でもわかっている事だ」

ということはすぐに思いついた。



でも、違和感は完全に消えない。


もう少し考えてみる。



なるほど、見えてきた。


「最近話題にされる共感(心の専門家でない素人間の)とは、

 ビジネススキルとしての共感であり、今日、

 素人間の共感をメンタルヘルスの問題として捉えるのは少数派、

 というか的外れなのではないか。」


という違和感だ。



この違和感が正しい感覚だとしたら、私はかなり恥ずかしい。

問題を勝手に勘違いして、警句を発していたことになるのだから。





ここまで読んでくださったあなたにお願いがあります。


「最近話題にされる共感(心の専門家でない素人間の)とは、

 ビジネススキルとしての共感であり、今日、

 素人間の共感をメンタルヘルスの問題として捉えた筆者は

 少数派、というか的外れである。」


と思う方は下のバナーをクリックしていただけないでしょうか。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村



アクセス数とクリック数の割合を見て反省し、今後に生かします。

私はマトモな文章をサッと書く能力を身につけたいのです。
あなたがクリックすることにより、私にどこかから報酬が入ると
いうことはありませんし、架空請求が届くこともありませんので、
どうぞご協力よろしくお願いいたします。



(以上)
-----


ウクライナやイスラエルに関する報道を見ると、

私たち一人ひとりが、『国際協調』や『世界平和』について
考えなければならないとうわべでは思いつつも、

結局、

『国際協調よりも、自分の半径3メートル内の人間との協調』

『世界平和よりも、自分の心の平静』

ばかり考えてしまう人間嫌いの私です。


はっきり言って、この記事は出来がよくありません。

「素人間の共感をメンタルヘルスの問題として捉えた」
というあたりがよくわからないですね。


自分に共感してくれる人が身近にいれば心の問題をこじらせる
ことはない、とかそういうことが言いたかったんでしょうか・・・


さらに、共感は難しいと言いつつも、最後に

「この記事に賛成(共感)したかどうか」
尋ねているあたりもなんだか変です。


何よりも一番ショックなのは、
「マトモな文章をサッと書く能力を身につけたい」
という目標が5年経ってもまったく達成されていないという
ことでした。



記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

共感のむずかしさ

自分が昔書いていたブログの記事を転載して、
最後に今の自分がコメントを付けるシリーズ



人間嫌いという才能(2009年)から


-----


共感(empathy)は心理学の用語で、大雑把に言えば、

他人の体験する感情を自分のもののように感じとること、である。



私は、よほど訓練された人でないと他人と共感をするのは難しいの

ではないか、と思うのだがいかがだろうか。



ある感情へ共感するためには、過去に自分も似たような体験をしている

ことが必要であると言われている。


複雑化した社会の中で生きる個人が、一生で体験できることなど微々たる

もの。自分の過去の体験と他者との体験が重なり、しかも、同じ感情を

抱くなど、本来奇跡的なことのはずだ。




だから、なぜ素人である私たちの間で「他者との共感の必要性」が騒がれて

いるのか、私にはわからない。



もうひとつよくわからないのは、他人の不幸や苦悩に対する共感の必要性

ばかりが説かれて、他人の幸福や快楽に対する共感の必要性が軽視されている

気がすることである。


私の勘違いかもしれないが、この非対称性はどこからくるのだろうか。




他者の幸福や快楽に対しては、誰でも当たり前に共感できると思っている

のだろうか。



そんなわけはないだろう。



たとえば、生まれつき目の見えない人の想像する『エロいこと』、

私にはまったく謎である。




私が、


「め、目隠しプレイなら経験がありますが・・・」


などと言おうものなら、


「お前バカか? そんなチンケなモノじゃねぇよ。」


と切り捨てられそうだ。



きっと、私には想像もつかない高次のエロが存在するはず。

そして、今後どんな経験をしても私がその高みに到達できるとは思えない。




長くなるので話を切るが、たぶん、素人に共感は無理だ。

さらに言うと、共感を重視する風潮こそが私たちを苦しめているのでは

ないかとすら思う。以下次回。


(以上)

-----


なんだか最近は疲れてしまっていてブログが更新できなくなっている
のですが、1ヶ月以上放置すると目障りな広告がブログに表示されてしまう
ので更新しました。


さて、共感については4年経った今となってもさっぱりわかっていません。


「共感なんて普通の人には無理」

と本気で考えていた私が、今は相談援助の仕事をしているのはたいへん
皮肉なことであります。


相談援助者のための『傾聴のスキル』というのがありまして、私も出来る
だけ受容的な態度で相談者の話を聴くことを心がけていますが、しかし、
そのことは相談者の気持ちに共感できていることとは別です。


話を聴いていても、「私はほんとうにこの人の気持ちがわかっているの
だろうか、たぶんわかっていないな」と感じることは多々あります。


でも、

「これでいいのだ」

とも考えています。



相手の気持ちに共感すること

と、

相手の話に対して共感的な反応を返すこと、


両者はまったく別物だからです。


共感的な反応ができないとコミュニケーション能力を疑われますが、
相手の気持ちに心から共感できなくてもそれはふつうのことですし、
悩むことなどありません。



むしろ、相談に来る方の中には、

「お気持ちわかります」

と答えると怒る方もいるのです。


「『言っていることはわかります』、ならまだしも、
 『私の気持ちがわかる』だなんて、軽はずみなことを言うな」

と言うのです。


私は本当にそのとおりだと思います。



記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
プロフィール

人間嫌い3級

Author:人間嫌い3級
日本の片隅でひっそりと暮らす人間嫌いです。
アラサー。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。