FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただの出来の悪い人になってしまった

約半年ぶりのブログ更新となります。
(そしてこれがようやく100記事目)


半年間に起きた良い出来事としては、毎日夜22時を
過ぎないと帰宅できないような忙しい部署から異動する
ことができたことです。


それ以外は特に大きな変化はないのですが、変化がない
ことこそが、今の私を悩ませています。


「退屈で仕方がない」とか、そういう悩みではありません。


ざっくりと言えば、自分が「ただの出来の悪い人」である
ことを認めざるを得なくなってきており、発達障害の当事者
として、また性的少数者の当事者として日常を語ることが
ふさわしくない状態になってきたことが悩みなのです。


私は、自分が発達障害であるかもしれず、そのことは、
2人の精神科医が「そうかもしれませんね」と、可能性を
否定しない程度に確からしいことをブログに書いてきました。


私が精神科に定期的に通院しつつ、毎日フラフラに
なりながらお勤めをしている状態は、まったく変わって
いません。


しかし、なんだかんだ言って今の仕事も7年目になりました。


典型的な発達障害の人は、その障害の特性から会社勤めを
長続きさせるのが難しいと言われています。


そのことを踏まえると、

「私は典型的な発達障害だから仕事で苦労をしている」
という説明よりも、

「発達障害なのかもしれないけれど、発達障害の問題という
よりも、単にほかの人と比べて仕事ができないから苦労して
いる」という説明の方が、次第に説得力が出てきてしまい
ました。


加えて、今まで黙っていましたが、私の仕事は地方公務員です。
サービス残業が多いですが、身分保障があることから、私の
ような出来の悪い人間にとっては、とても恵まれた仕事だと
感じています。


そこで、恵まれた仕事に就き、なんだかんだ言って仕事が
続いている私が、発達障害の当事者としてあれこれ語るのは
ふさわしくないのではないかという疑問が生じたのです。



また、セクシャルマイノリティ(性的少数者)当事者として
も情報発信をしてきました。

私は、男女問わず他者に対して恋愛感情や性的欲求を抱き
にくいアセクシャル(Aセクシャル)であると自認しています。


しかし、今の私は、なんだかんだ言って、特定の女性と
お付き合いしてから1年以上が経ちました。


そのことを踏まえると、

「私は性的少数者だから恋愛にも結婚にも興味がない」という
説明は説得力を失ってきており、

「私は性的少数者なのかもしれないけれど、今の私は、
性的少数者というよりは、ただの薄情な、EDのオッサンです」
という説明の方が、次第に説得力が出てきてしまいました。


そこで、なんだかんだ言って恋愛が続いている私が、
アセクシャルの当事者としてあれこれ語るのはふさわしくない
のではないかという疑問が生じたのです。



私は、ずっと自分のことを何らかのマイノリティだと考えて
きました。

そう考えた方が上手く自分の状況を説明できるし、また、自分の
状況を改善することができると思っていたからです。


もちろん、今でも自分のことを「発達障害と性的少数者の
当事者です」と語ることはできるでしょう。


しかし、最近、私の中のマイノリティに対する見方が変わって
きてしまい、自分はマイノリティには当てはまらないのでは
ないかと考えるようになりました。


辞書的には、マイノリティとは少数派のことを言うのでしょう
けれども、私は、支援を受けたり、何らかの優遇を受ける対象
としてのマイノリティは、数が少ないとか、生活に不自由を
しているとか、不当な苦しみを抱えているということだけでは
十分ではなくて、

「本気を出せていない状態である」ことが必要だと最近では
考えています。


当事者において、生まれつきの素因など何らかの自分の事情、
または世間の目や社会制度などによる抑圧があり、そのことに
よって本気が出せない状態であること、

さらに、ある特定の支援や優遇を受けることによって当事者が
本気を出すことができるようになる見込みがある場合に、
当事者に対しマイノリティとして必要な支援や優遇が行われる、


ざっくり言うとこんなふうに考えています。
(支援や優遇には、温かい周囲の目のような非定型のもの
を含みます。)



そう考えたときに、私は、本気を出せていない状態ではない
のです。

むしろ、私に対しては投薬という形ですでに支援が行われて
おり、投薬によって、私は、完全ではないものの、ある程度の
本気が出せています。


薬のおかげで昼間は何とか起きて仕事をしていられるし、

薬のおかげで夜は眠れるし、

薬のおかげで何とか性行為もできます。


(こうして書くと、私の人生は何なんだ、何のために生きて
いるのかという思いが生じますが、それはとりあえず置いて
おきます。)


本気を出せるようになった私は、もはや支援や優遇を受ける
べき対象としてのマイノリティではありません。


そして、残ったのは、「本気を出せるようになったにも
かかわらず出来の悪い自分」です。


自分が「ただの出来の悪い人」であることを認め、向き合う
のは辛いことですが、当面の課題だと思っています。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
スポンサーサイト

成人ひきこもりの親が9月までにすべきこと

私は、ひきこもりのことで悩んでいる人々の力になりたい
と思ってはいるのですが、ネット上でできることには限界が
ありますね。

とりあえず、今回は制度に関する情報提供です。


成人ひきこもりの親が平成27年9月までにすべきこと、

それは、

「子の国民年金の納付記録の確認」

です。


国民年金の納付をしてこなかった方でも、10年まで遡って
保険料を納付することができる後納制度がありますが、

10年まで遡って後納できるのは平成27年9月末までです。

(参考:国民年金保険料の後納制度|日本年金機構


ひきこもり状態である期間は、おそらく働いていなかった
でしょうから、年金保険料も納めていないと思います。

もし、ひきこもりを始めてから国民年金の保険料免除の申請
など、保険料納付に関する手続を区役所などで毎年行って
いれば、10月以降も追納という形で10年まで遡って納付
できるのですが、

そもそも保険料納付の手続をしていない場合は追納はできず、
後納についても、10月以降は2年までしか遡ることができま
せん。(注:後納と追納は違う制度です。)

[制度改正により、平成27年10月から平成30年9月までの3年間
に限り、過去5年分まで遡って後納をすることができるようです。
(2015年11月16日補足)]


「年金なんて将来もらえるか分からないんだから納めても無駄」

と思う方もいるかもしれません。


たしかに一理ありますが、年金には老齢年金だけでなく
障害年金もあります。


20歳以上の国民年金加入者が一定程度以上の障害を負った
ときに受給できるのが障害基礎年金です。


そして、障害基礎年金を受給するためには、一定期間以上、
国民年金の保険料を納付している必要があります。


ひきこもっている方でも、身体障害や精神障害を負う可能性は
ありますので、気になった方は年金事務所に問い合わせをして
みることをおすすめします。


年金の後納や追納については、ひきこもっている本人が行って
もいいのですが、親が行うメリットもあります。


なぜなら、扶養している子の国民年金保険料を納付すると、
年末調整の際に、納付した保険料の全額について控除を
受けることができるからです。

生命保険料控除と似たようなイメージです。
(参考:No.1130 社会保険料控除|所得税|国税庁


というわけで、ひきこもりの子がある日突然ハローワークへ
行って仕事を見つけてくるというのは考えにくいので、
ご両親としては、必要な手続を行ってちゃっかり節税しつつ、
本人を気長に見守るのがいいのかなと私は思います。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

障害者手帳はもっとよく考えてからとのこと

(前回の記事)
自分の発達障害について再び考える


前回の記事で書きましたが、先日の定期通院の際に、

主治医に

「私は障害者手帳を取得する見込みがありますか?」

と尋ねてみました。



すると、先生は、取得の見込みについては明言を避けて、


「たしかに、職場での失敗のエピソードを聞く限りでは、
 アスペルガー症候群の人と似た傾向があります。」


「ただ、職場での失敗からいきなり障害者手帳の話が
 出てくるのは思考がぶっ飛びすぎですよ。」


「その思考のぶっ飛びが発達障害的なのかもしれない
 けれど。」


「障害者枠で働くということは、ぶっちゃけて言えば
 今よりレベルを下げて働くということですよね。」


「当然、将来の収入にも関わってくることです。」


「ご家族とは相談したんでしょうか。」


「たしかに、職場の失敗で自信をなくしているのは
 わかります。」


「でも、いま手帳の申請について決める必要はない
 でしょう。」


「できないこと、苦手なことを隠そう、隠そうと
 するからかえって追い詰められるのです。」


「周囲に、『こういうことは苦手なんだ』とか、打ち
 明けておいた方が、あなたにとっても周囲にとって
 も負担がかからないと思います。」


「それでもダメだったら配置転換を求めるなど、
 手帳を申請する前にできることをしましょう。」


というような話だったかと思います。
いつも診察は3~5分で終わるのですが、20分以上
話をしてくれました。


先生の話を聞いたら、概ねそのとおりだと思ったわけ
ですが、思考がぶっ飛びすぎというのはちょっと納得が
いきませんでした。


先生は、

「ちょっと不器用なフツーの人として職場でのポジション
 づくりをしてみなさい。」

ということを私に伝えたかったのでしょうけれど、


私は、近い将来

ただの仕事のできない人は、組織においてどんどん淘汰
されると思っています。


「ちょっと不器用なフツーの人」にポジションが与えられる
かどうか、疑問です。


だから、せっかく私は自分の仕事のできなさに気づいた
わけですから、

早いうちに「組織が私を雇い続ける合理的な理由」を
いくつか作っておかないとマズいのではないか、そういう
問題意識があったのです。


その合理的な理由のひとつとして考えたのが、

「障害者雇用枠を埋めてくれるから」

でした。


組織にとって、新たに障害者を雇い入れるのはかなり慎重を
要すると思います。

障害者といっても一様ではないし、職場環境の整備にも時間が
かかります。

かといって、法律で定められた数の障害者を雇わないと、
その分お金を納めなければならない。


その点、私は現に今の組織で働いてきたという点で、組織と
しても相対的に扱いやすいと思うのです。


いまなら、組織にとっても“障害者としての私”を雇うことに
一定のメリットがあるはず。


クビになってから障害者手帳を取っても遅いのですよ。
それでは、再度仕事に就くことを難しくするだけです。


それに、先生は

「将来の収入にも関わる」

とおっしゃいましたが、私はその点はぜんぜん気にして
いません。


不器用で、人間関係に長けておらず、独身の私が、
古い体質の組織で出世するとは思えないし、期待もして
いないからです。


そう考えると、障害者手帳の申請も悪くないと思ったから
相談したのですが、思考がぶっ飛んでいると言われちゃいました。



まあ、たしかに根本的に私の発想が悲観的すぎることが原因なの
でしょうけれど、これは仕方ありません。


周囲に適応できるよう神経を使いながら生活してきたつもり
にもかかわらず、失敗ばかり重ねてきた私にとって、


「今のままを続けていれば自然とうまくいく。」

「放っておいてもなんとかなる。」

「大丈夫、やり過ごせる。」


この類の言葉ほど信用ならない言葉はないのです。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

自分の発達障害について再び考える

ここのところ、仕事で失敗続きの毎日です。

あまりに失敗が続くので、しばらく考えていなかった自分の発達障害に
ついて再び考えるようになりました。


私は、自分が発達障害者ではないかと疑っています。

発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、
学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能の障害で
あってその症状が通常低年齢において発現する障害を有するもの
とされています。(発達障害者支援法第2条第1項)

障害の種類や程度によりますが、対人関係やコミュニケーションに
困難を抱える場合があります。


もちろん、ネットで得た知識をもとに勝手に自分自身で疑っている
わけではありません。


実は、私は精神科・心療内科に通院して約7年になります。

引越しのため通院先を変えたので、これまで2人の医師に診て
もらったことになるのですが、

「自分は発達障害ではないか」

と尋ねたところ、最初の医師は、

「そうかもしれないですね。」

と言い、2人目の医師からは、

「初診の先生からの紹介状には、診断名は社会不安障害と書いてある
 けれど、背景には発達障害があるのかもしれませんね。」


と言われており、2人の精神科医が私の発達障害について可能性を
否定しない程度には確からしいと言えます。


しかし、発達障害の確定診断を受けているわけではないので、

「私は発達障害者です。」

と口にするのは気が引けるのが現状です。


なぜ、すぐに確定診断を受けるために動かなかったのかというと、
当時学生で就職活動を控えていた私にとって、発達障害の確定診断を
受けることはデメリットしかないように思われたからです。


また、なぜ就職後も確定診断の問題を放置していたかというと、
福祉の現場で働き、私よりもずっと社会参加することに困難を抱えて
いる人々と出会ったことにより、自分は確定診断を受けるほどでは
ないと思ったからです。


それではなぜ、今になってまた確定診断の問題が自分の中で浮上して
きたかというと、担当する仕事の内容が変わり、対人折衝や調整、
臨機応変な対応、短い期限のある複数の仕事を平行して処理すること
を求められるようになり、そうした仕事をこなす資質をことごとく
欠いている自分に改めて気づかされたからです。


発達障害の中でも、アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)と
診断される人たちの中には、私と同様に上記のような事柄が苦手な
人が比較的多いと言われています。


冒頭で書いたように、私は、ここのところ仕事で失敗ばかりしていて、
周囲に迷惑をかけっぱなしの心苦しい状態であります。


このままでは、私は、忙しくて無能な職員となってしまいますし、
私の周囲にとっては余計な仕事が増える一方ですし、いいことは
ありません。


短期的な対応としては、とにかく失敗から学んで仕事に習熟する、
周囲に嫌な顔をされようともしつこく質問をする等が考えられますが
やっぱり限界があるでしょう。


長期的な対応として、もし可能ならば、発達障害の確定診断と障害者
手帳の交付を受け、私の所属する組織の障害者雇用率の向上に貢献し
つつ、しかるべき配置転換をされた方が私にとっていい気がして
います。

とりあえず、次の診察時に今の現状を主治医に相談してみます。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
プロフィール

人間嫌い3級

Author:人間嫌い3級
日本の片隅でひっそりと暮らす人間嫌いです。
アラサー。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。