FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚活は余計な悩みか

以前、婚活のそれからの記事で婚活について書きましたが、また同じ街に
行く用事ができました。


それがきっかけで、ここ数日、昨年のことを振り返っているわけですが、
いろいろな考えが取り留めなく浮かんできました。断片的ではありますが、
書ける部分から書いていこうと思います。


思うに、100人に1人程度のマイノリティなら簡単に見つけることが
できるのがインターネットです。ネットを活用したセクシャルマイノリティ
同士の友情結婚、たしかに私にとっては便利で効率的です。


しかし、逆に考えると、ネット無しでは実現し得ない婚活の形態なの
かもしれません。
そもそも、私にとって、婚活などというものは、「ネットを利用した
友情結婚」という便利なものを知ってしまったがゆえに生じた余計な
悩みだったのかもしれません。


いま一度、

「仮に、ネットによる友情結婚がなかったとしたら、婚活について
 自分はどう考え、どう行動するか?」

よくよく考え、思考実験をすることが必要なのかと思います。

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
スポンサーサイト

支えの信条

障害者自身が、

「自分にどのような支援をしてほしいか、またはしてほしくないのか」

について語った動画があります。


『支えの信条』A Credo for Support (Japanese version)
作:ノーマン・クンツ、エマ・ヴァン=ダー=クリフト






作者の2人は、カナダ在住の障害者権利運動運動家で、夫婦です。
夫ノーマン・クンツは脳性まひをもっています。


私は、はじめてこの動画を見たとき、彼らが私の気持ちを
代弁してくれているような気がして勇気が沸いたのを覚えて
います。


私は、発達障害なのかもしれないし、セクシャルマイノリティ
なのかもしれないし、理由はよくわからないけれど生きづらさを
感じています。


「自立とは。」、「尊厳とは。」、
劣等感の強い私が深く考えることのなかったこうした事柄を
考えるいい機会をもたらしてくれました。


「世間に迎合するだけがマイノリティの生きる道じゃないゾ」
などと思ったものです。(飛躍しすぎ)

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

マイノリティは都会に住んだほうがいい

私は、いろいろあって5年前から地元の地方都市に住むこととなり
ました。


高校生のころ、私は自分が生まれ育ったこのまちを嫌悪し、両親を
嫌悪し、少しでも遠くに住みたいと思っていて、そのために大学へ
進学したはずだったのですが、皮肉なものです。


で、5年間住んでみて、「やっぱり都市部に住みたい」と思うよう
になりました。


もちろん、高校生の頃とは違う理由からです。

地方に住んでいては、すぐれた芸術に触れることも容易ではないし、
様々なマイノリティの方に出会うこともできません。何かを学ぼう
としても、学術書や専門書を取り扱っている書店がないのです。


私が挙げたこれらのことは、どうでもいい人にとってはどうでも
いいことです。

しかし、私にとってはとても重要なことなのです。


地元に戻ってきてからの5年間、私は、

「どうせ自宅と職場との往復しかしないんだからどこに住んでも同じだ」

と自分に言い聞かせてきましたが、やっぱり違うようです。


友情結婚ひとつとっても、都市部と地方では出会える人の数に
大きな差がついてしまいます。

私は、マイノリティが自分にとって望ましいライフスタイルを見つ
けるためには、多くの人と出会い、多くの書物に触れることが重要と
考えますが、地方に住んでいてはそれが難しいようです。


というわけで、セクシャルマイノリティや人間嫌いに限らず、
「どうも自分は多数派の中でなじめそうにない。」
と思い悩んでいる中高生の方がいれば、

「都会で一定の収入を得ながら暮らすことができるよう
 努力してください」

とアドバイスします。


私も、他のまちで暮らすことができるよう、まずはいまの立場で
できることを慌てず実行したいと思います。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

婚活のそれから

昨年7月に、婚活、はじめました(?)の記事を書きました。

で、今どうなっているかというと、


「そんなことすっかり忘れていた!」

というのが正直なところです。


でも、結局あの記事を書いた後、一応、一人の女性と会った
ことは会ったのです。


友情結婚の掲示板にアセクシャルを自認する女性が書込みを
していたのを見かけて、住んでいるところは離れていましたが、
近いうちに、たまたま私が彼女の住む街に行く用事があったので、
「お会いしたい」旨を伝えたところ、会ってくれることと
なりました。


彼女の行きつけだと言う居酒屋で2時間ちょっとお話をしました。

セクシャルマイノリティであるということを打ち明けて話していた
からか、私はとても気が楽だったのを覚えています。


そのあと何度かメールのやり取りをしましたが、マメさが決定的に
足りない私は、たしか1ヶ月くらい経ったくらいでメールの交換を
止めたのでした。

もともと、私はメールを書くのが大の苦手なのです。

それ以降、仕事がすごく忙しくなったこともあり、まったく婚活は
していなかったわけですが、いろいろと思うところはあります。

とりあえず、機会を見つけてセクシャルマイノリティの方々と会って
お話してみたいとは思っています。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

社会性が身についた?のか

昨日はたいして書かずに寝ることとしましたが、
気分が晴れなくても次の日に備えてさっさと寝るという行動ができた
自分を褒めてやりたいです。

6年くらい前の自分だったら、ずーっと悶々として夜更かしを
していたでしょう。

次の日のことを考えることができる程度に社会性?が身についた
ということなのでしょうか。


話は変わりますが、最近、新入社員と話す機会がありまして、
採用面接でどんなことを話したかの話題になりました。

ある新入社員は、大学時代はアルバイトもサークル活動もせず、
引きこもりがちの生活をしていたらしいのですが、彼は面接で

「学業以外に何か打ち込んだことはありますか?」

と面接官から尋ねられ、

「特にこれと言って・・・健康に留意し、規則的な生活習慣を
 心がけていました。」

と答えたとのことです。


私は、引きこもりがちの生活をしていたことを引け目に感じる
ことなく、素直に答えることができた彼に感心しました。


「私も、ひょっとしたらそういう大学生活でよかったのかもしれない」


私は、自分に対する劣等感や負い目から、就職活動に煽られて、
労働市場から排除されることをひたすら恐れ、10代後半以降、
ひどく見当違いなことばかりしていた気がします。


もっと素朴な望みであるとか、飾らない自己イメージを出発点に
今後の生活を考えたほうがいい、最近はそういう思いが強くなって
います。


そこで、いまの自分を振り返って、色々と無理をしているんじゃないか
と思うようになったわけです。


長くなりそうなので、今日もこれで寝ます。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

ふと我に返る

去年の9月からブログをまったく更新していませんでした。

仕事が忙しすぎて、昔の自分を振り返るだとか、いまの自分を
冷静に見つめる、そんなことをしている余裕がまったくなかった
のです。


でも、仕事に忙殺される毎日のなかで、「はっ」と、
ふしあわせな自分に気づいてしまいまして、
昨日今日と落ち着かない気持ちでおりました。

久しぶりに何か書きたくなったのも、落ち着かないせいでしょう。


そわそわした感じと、あきらめのような気持ちが同居している
ようで、居心地が悪いです。


とりあえず、気持ちが落ち着くまでしばらくの間、記事を書く
のかもしれませんし、書かないかもしれません。


とりあえず今日のところは早く寝ます。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへにほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
プロフィール

人間嫌い3級

Author:人間嫌い3級
日本の片隅でひっそりと暮らす人間嫌いです。
アラサー。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。