FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロガーは無理をしてはいけない

忙しくてなかなか更新できませんが・・・

こういうときに応援コメントを下さったり、アクセス数が
増えると、書き手としては「なんとか更新をしなければ」
という気になるものだと思います。


私も、いまそういう気持ちになっています。
一種の承認欲求ですかね。


「自分にも承認欲求みたいな人間らしい欲求がまだあるんだ」

そう気づかせてくれたのは、このブログを読んでくださる
皆さんのおかげで、そのことは素直にありがたく思っています。


しかし、いちおうこのブログはメンタルヘルス系のブログでも
あるので、

私は、

「こういうときこそ、無理をしてはいけない。」

と自分に言い聞かせます。


もともと、

「毎日がネタの宝庫」のような生活を送っているわけではない
暗い私です。

無理して、ネタをひねり出して記事を書くことによって、
体調が悪くなってしまったら本末転倒です。


私は、心を病んでいる方々のブログを見て、

「大丈夫なのかなこの人」

と思うことがあります。



「調子が悪い」



「ブログにネガティブなことを書く」



「アクセスが増える、励ましのコメントが付く」



「(調子が悪いんだから寝ていればいいのに)レスを付ける」



「レスで気疲れしてもっと調子が悪くなる」


こういうパターンに陥ってしまう人もいるのではないでしょうか。


たぶん、同時にお付き合いできる人の数って、生まれつき
決まっているのかもしれませんよ。


ネット上の付き合いも、自分に無理のかからない程度に抑えて
おくのが賢明です。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
スポンサーサイト

羽生結弦選手はすごかった・・・けれど

フィギュアスケートグランプリシリーズ中国大会男子フリーを見て、

本番直前の6分間練習中に他の選手とぶつかり、怪我を負いながらも
棄権せず演技に臨み、2位となった羽生結弦選手(19)の姿を見て、
フィギュアスケートファンの私としては、ただただ「すごい」と思いました。


本当にすごい、すごいんだけれども、

「よい子はマネしないでね。」

と言いたいです。



ネット上でも賛否両論があるようですが、これが学校の部活動だったら、

「コーチは棄権をさせるべき。」

という意見が大半を占めるかと思いますし、


これが、プロスポーツの試合であれば、

「今後のことを考えてコーチは棄権をさせ、選手も自重すべきでないか」

という意見が大半を占めたと思います。


フィギュアスケートという、アマチュアスポーツの場だからこそ、

賞賛したり、感動したりする人が一定数いたと、私は理解しています。


ついでに言うと、カナダでは18歳または19歳で成年になりますから、
羽生選手のカナダ人コーチの頭の中には、

「大人、ましてや五輪金メダリストが自分で『やれる』と言っている
 のだから、本人の意思を尊重してあげよう。」

という判断もあったのかもしれませんね。
日本人のコーチならもっと強く止めていたかもしれません。


「すごいこと」

「良い(善い)こと」

「真似すべきこと」


私は、この3つはぜんぜん違うことだと思うんですね。


今回の羽生選手の件は、すごいことではあるけれど、真似すべきこと
ではありません。とくに学生スポーツの選手や関係者にとっては。


ちょっと話が逸れてしまうんですけど、今日の一件を見て、
小・中学校で道徳を教科に格上げすることに不安を覚えました。


「道徳的に善い」からと言って、「真似すべき」ことばかりとは
限らないわけでしょう。


例えば、駅のホームから線路に落ちてしまった見ず知らずの人を、
自分の身の危険を省みず助けに行く、などは、考え方によっては

善い行いなのかもしれませんが、私は個人的には真似すべきとは
思いませんし、ましてや、公教育において真似するよう教育する
ようなことがあってはならないと思います。


今日のフィギュアスケート中継と、それに対する報道を見て、
いろいろと心配になってしまいまして、今日の仕事に備えて
早く寝なきゃいけないのに、ついつい深夜に書いてしまいました。


とりあえず、今夜の羽生選手の演技が私に大きなインパクトを
与えたことだけは間違いないようです。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

他人のアドバイスは当てにならない

また仕事が忙しい時期に入りました。
せっかく、最近ブログのアクセス数が増えてきて素直に喜んで
いたのですが、しばらく更新が途絶えそうです。


さて、私自身、このブログでアドバイスめいたことを書いていますが、
実際のところ、他人のアドバイスってさほど当てになりません。


一人ひとりの人生はそれぞれ特殊ですから、Aさんに当てはまる
事柄がBさんにも当てはまるとは限らないからです。


同じマイノリティ同士ならアドバイスの内容も参考になるかと
思いがちですが、まれな事柄はしばしば重なる、つまり、二重、
三重のマイノリティになる場合もありますから、やっぱり
参考にならない部分もあります。


セクシャルマイノリティかつ、生活困窮、かつ、ひきこもり、
かつ、発達障害、かつ、うつ病・・・

というような状態の人もいるかと思いますので、そういう

「マイノリティ中のマイノリティ」である人は、アドバイスを
している人の助言や体験談がどれだけ自分に当てはまるか、
よく考えた上で参考にした方がいいでしょう。



とはいえ、参考になるならないという次元を超えるアドバイス
というのもあります。
聞くだけで圧倒されるとか、元気が出てくるといったものです。


下のFM仙台のサイトの、

特別番組『とび出せ高校生諸君! 長渕 剛先生の課外授業』
がそれに当たると思います。


とび出せ高校生諸君!


いや~すごいなと思いましたね。

私は、100回生まれ変わっても、リア充の高校生の悩みなんて
わからないでしょうから、これだけ若い人の心をつかむことができる
長渕剛さんは本当にすごい。


ま、長渕さんみたいになれなくても、100人中2人くらいの
悩みの役に立てれば私としてはいいかなと思っています。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

人間嫌いもアセクシャルも病気ではありません

自分の発達障害について再び考える

の記事に補足をしようと思って忘れていました。


補足したかったのは、人間嫌いもアセクシャルも、病気や障害ではない
ということです。


何も知らない人が上の記事だけ読んだら、

「人間嫌いとかアセクシャルの人ってどこかビョーキなんだ。」

と誤解しかねないなと思い、この点は補足記事で強く否定をしておか
なければならないと考えていました。


健康的な生活をしている人間嫌いやアセクシャルの人はたくさんいる
はずです。

たまたま私が精神科に通院しているだけのことです。


もっとも、あくまで私自身のことに限定して言えば、私の人間嫌いや
アセクシャルという状態は、発達障害に起因する可能性もあるのでは
ないか、と勝手に予想しています。


発達障害 → 対人関係が不得意
→ 対人関係で失敗を重ねる → 人間嫌い

なのかもしれませんし、

発達障害 → 興味・関心が限定的である
→ 性的接触をすることに関心がない → アセクシャル

なのかもしれません。


何度でも言いますが、この予想は、私という特殊な事例に関する
ひとつの説明に過ぎませんので、他の人には全く当てはまらないで
しょう。


くれぐれも、健やかな生活を送っている人間嫌いやセクシャル
マイノリティの皆さんは、いまの自分の状態を「診断」してみよう
などとは考えないでいただきたいです。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
プロフィール

人間嫌い3級

Author:人間嫌い3級
日本の片隅でひっそりと暮らす人間嫌いです。
アラサー。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。