FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり共感は怖い(3)

自分が昔書いていたブログの記事を転載して、
最後に今の自分がコメントを付けるシリーズ



人間嫌いという才能(2009年)から


----

やっぱり共感は怖い(3)



前回の記事で私が勘違いをしていると思うならバナーをクリック
して欲しい旨書いたが、クリックはなかった。


私が勘違いしていないと思っているのか、それとも反響がないだけなのか、
よくわからないが、とりあえず私は勘違いしていないと解釈しておく。



なるほど、それならばメンタルヘルスの問題としての共感に関して
これ以上書く事はない。



ビジネススキルとしての共感に関して一言。


ビジネススキルとしての共感はぜひ身につけたいところだ。

収入に直結するから。



しかし、その共感とは、つまり仕事上の利害関係者との共感であり、

これを推し進めるのはなんとなく怖い。



「共感できない者同士で仕事をするのは不合理」

「勝ち組と共感する者しか勝ち組の仲間入りは出来ない」

「弱者の共感を誘うことで効率的な弱者ビジネスが展開できる」


「共感できる相手を求めてさまようマイノリティから、現金を一気に

 吸い上げるビジネスモデルの構築こそが、多数派に求められている時代」




こんなことが当たり前に騒がれだしたら…と思うと怖いのだ。

共感が格差を固定化し、共感が多数派と少数派の上下関係を決定づける、

そんな可能性が少しでもあるんじゃないかと思うと、怖くて怖くて。



共感できないことを理由に他者を排斥しなければ良いだけの
話なのだけれど、それが難しいことは誰でも知っている。



結論としては、メンタルヘルス問題としての共感について、
心の専門家でない素人はあまり「他者に共感すべし!」と騒ぐなと。


でも、ビジネススキルとしての共感は、自分の身を守るために
身につけておかないと困る、ということだ。




「とりあえず言いたいことはわかった」という方はバナーのクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村

注)私の気持ちに「共感」していることまでは必要ありません。



(以上)
----


当時の私は、社会から排斥され、搾取されるのではないかと
怯えていたのたど思います。


いわゆる「ひきこもりニート」の状態でしたから、

「このままでは誰とも話が通じなくなってしまう。」

という焦りもあったのでしょう、被害妄想っぽい語り口に
なっていますね・・・


でも、共感に対する恐れの気持ちは、今でもなお私の心の片隅にあります。


正月に下記の番組を見ました。


ヒトラー 権力掌握への道 前編|BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1


「大衆は愚かだ。感情と憎悪でコントロールできる。」

ヒトラーはそう言ったそうです。


憎しみの感情に対する共感が広がり、さらには、憎しみの感情に
共感しない者を排除する、そのような事態は悲劇を招くでしょう。


フランスで悲惨なテロ事件が起こりました。
50カ国もの首脳が追悼デモに参加するそうですが、市民が
必要以上に怒りや憎しみ、嫌悪感を煽られることのないように
願います。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
スポンサーサイト

2015年を生き延びる

昨年は、このブログを読んでくださりありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


年賀状には「明けましておめでとうございます!」なんて
書いちゃった私ですが、本当はちっともおめでたいとは
思っていませんし、このブログではそんなことを書きたくは
ありません。


新年を迎えても全然おめでたくない人も相当数いるかと思います。



冬から春というのは挫折の季節です。

「もう年が明けちゃったよ(ため息)」

そう思う人も少なくないのではないでしょうか。



「頑張ったってどうせうまくいかないんだ。」

「これ以上やっても何もいいことはないんだ。」

「人生詰んだ。」


と考えることは、不器用な人にとっては珍しいことではありません。


「そんなことはない。」

と励ます人もいるかもしれませんが、本人が「もうだめだ」と言って
いるんですから、本人にとっては確かなことなのでしょう。



私は、高校生~大学生のころ、

「自分は、どんなに一生懸命頑張っても、40歳半ばで社会から
 淘汰されちゃうんだ。」

そう思って悩んでいました。


私は30歳を過ぎましたが、やっぱり今でも
「あと10年ちょっとでいろいろ限界かな。」

と思っています。


ただ、強調しておきたいことがあります。


『将来必ずダメになっちゃう』

ことと

『いまダメにしちゃう』

ことは、まったく別物だと私は思うのです。



昔のブログ記事(自分の価値の粉飾決算)で書きましたが、


私はね、なぜ粉飾決算をつづけて40歳までごまかし
ごまかし生きることができなかったのだろう、と今では
思っています。



大学4年になる前でしたでしょうか、私は、

「あー、もういろいろ無理なんだ。詰んでる。」

と思って、将来に対する恐れが沸いてきました。



そして、

「いっそのこと、いま、私自身の意思で駄目にしてしまえ」

という謎の考えが浮かんだ私は、自堕落な毎日を送ること
によって、まぁ、いろいろなことをパァにしましたね。


わたくしから申し上げたいのは、


「もう先が見えた、ダメだ。」


それがあなたにとって確信のもてることであったとしても、


だからといって、“いま”ダメにする必要はないし、
ましてや「もうこの世から消えたほうがいいんだろうか」
などと考える必要はないということです。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
プロフィール

人間嫌い3級

Author:人間嫌い3級
日本の片隅でひっそりと暮らす人間嫌いです。
アラサー。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。