FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同性カップル証明書には反対します

東京都渋谷区が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め、
証明書を発行する条例案を提出する、と報じられました。


渋谷区のことは渋谷区民が決めることであって、私も含め、
渋谷区の住民でない者が賛成だの反対だの言うのは筋違いでしょう。


この記事のタイトルを、

「同性カップル証明書には反対します」

としましたが、渋谷区の条例案にケチをつける意図はなく、

『もし仮に、私が住んでいる街で、渋谷区と同様の同性カップル
 証明書を発行する条例案を検討しているとしたら、私は反対します。』

という意味です。


渋谷区や渋谷区議会のホームページから条例案(議案)を見ること
ができないので、詳細はわからないのですが、


区民と区内の事業者に、証明書を持つ同性カップルを夫婦と同等に
扱うよう求め、条例に反した事業者名は公表する内容だそうです。


同性カップルがアパートやマンションに入居しようとしたり、
病院で面会を求めたりする際、「家族でない」と断られるケースが
あることは、以前から指摘されていました。


もちろん、私も同性カップルが安心して同居し、病院を受診できる
地域社会の実現を望んでいます。


しかし、それを条例という形式で実現を目指すのは、手段が適切で
ないと思います。


アパートやマンションの貸し借りも、病院の受診も、民間人同士の
契約ですから、一定の制限はあるものの、基本的に誰とどんな内容の
契約を結ぼうと自由なわけです。

同性カップルに部屋を貸すかどうかは、本来、大家さんが自由に決めて
良いことなのです。

なので、「単身者専用」のアパートがあっても良いのと同様に、
「同性カップル入居お断り」のアパートがあっても良いと考えます。


自治体が民間事業者に対して証明書を持つ同性カップルを夫婦と同等に
扱うよう求めることは、行政による民事への介入であり、私は好まし
い印象を持ちません。

もっとも、行政による民事への介入を全て否定するわけではありません。

たとえば、事業者と消費者が持っている情報量に圧倒的な格差がある
場合に、消費者が不利な条件の契約に拘束されるのを防ぐための法律
(消費者契約法や特定商取引法)や、それらの法律に基づく行政処分
および行政指導は必要だと思います。


また、住宅政策に関していえば、「高齢者お断り」のアパートが増えて
しまうと、高齢者の住む場所がなくなってしまうため、国交省や厚労省が
様々な施策を講じており、これについては一定の評価ができます。

住宅:高齢者、障害者等の住宅セーフティネットの充実 - 国土交通省


ここで、私が注目するのは、高齢者の住居の安定化のために行政が
とっている手段です。


行政は、高齢者向けの住宅改修等を行う登録事業者に対して補助金を
出すという手段をとっていますが、

「協力しない事業者を公表する」などという
高圧的な手段はとっていません。


この点だけみても、

「証明書を持つ同性カップルを夫婦と同等に扱うよう求め、条例に
 反した事業者名は公表する」

というのは、他分野の住宅政策と比較しても、行政の介入が強すぎ、
やり過ぎだと思います。



また、別の角度から見ると、安易に行政が介入することで、
性的少数者たちの問題解決能力を奪う結果を招くのではないかと思います。


なぜなら、

「同性カップルという理由だけでアパートやマンションへの入居を断られない」

「病院で面会を求めたりする際「家族でない」という理由だけで断られない」

このことを実現するのは、別に法律や条例の制定に頼らなくても、民間人
同士の取組によって可能だと考えるからです。



性的少数者の当事者が、地元の不動産賃貸会社の業界団体に要望して、

「公正証書の方式でパートナー契約を結んでいる同性カップルは、夫婦と
 同様に取り扱い、同性カップルという理由だけで入居を拒まない。」

というような取引慣行を作るよう働きかけたり、


病院についても、地元の医師会や医療ソーシャルワーカー協会に要望する
とか、いろいろやり方はあるはずです。



そういった日常生活圏での当事者同士の問題解決を飛び越えて、
行政がいきなり、

「社会を変えよう! 制度を変えよう!」

というのはあまりに唐突で、これでは性的少数者の問題解決能力を
低下させるおそれがあると考えます。


・・・



仮に、渋谷区民の方々がこの記事を読んだとしたらどのように感じる
でしょうか。


「渋谷区では、民間レベルの取組を10年以上やっていて、
 各種団体への要望活動もとっくの昔にやっている。」


「渋谷区では、区営住宅の入居者を選ぶにあたって、
 同性カップルを差別しておらず、すでに50世帯の
 同性カップルが入居している。」


「今回の条例案は、行政が上から押し付けるのではなくて、
 何年も前から民間レベル、行政内部のレベルで行ってきた
 地道な取組に対して『条例』という形でお墨付きを与える
 ボトムアップのものであり、このブログの記事は渋谷区の
 実態を全くわかっていない。」


と感じる方もいるでしょう。(というより、そうであって
ほしいです。)



冒頭で述べたとおり、

渋谷区のことは渋谷区民が決めることであって、いろいろな
地域の実情がありますから、渋谷区民でない私が渋谷区の条例案
に対して賛否を述べることはありません。



しかし、もし私の住む街で同様の条例案の提出が検討されて
いるなら、やはり反対の立場をとるでしょう。


私の住む街では、同性カップルを地域で受け入れる積極的な取組
は行われていませんし、おそらく同性カップルは私の街の公営住宅
に入居できないでしょう。


公営住宅で同性カップルを入居させていないのに、民間事業者には
入居させるよう協力を求めるというのでは、笑い話にしかなりません。



以上、私の住んでいる街で渋谷区と同様に同性カップル証明書を
発行する条例案の検討が進められたとしたら、

1.行政による民事への行き過ぎた介入である
2.行き過ぎた介入でないことを裏付ける地域の実情や地域住民の
  自主的な取組が確認できない
3.行政が上から押し付ける形での問題解決は、当事者のために
  ならない

以上3点を理由に、反対します。
(次回へつづく・・・かもしれない。)


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
スポンサーサイト

ひきこもりニートからの脱出(職業訓練の情報提供)

この記事は、1月下旬に投稿しようと思っていたのですが、
忘れていたので今投稿します。

(注:和歌山の事件とは全く関係ありません。)


私は、ひきこもりニートをしていた時期があります。

今は、ひきこもっていた時間をあと数年で穴埋めできる
のではないかと思うくらい残業続きの毎日ですが・・・


私がひきこもりニートを脱出したのは、突然のことでした。

ある日、特に前ぶれもなく親から就職活動をするよう叱られ、
私は、怯えながらハローワークヘ行き、何社か面接を受けた
のですが、やっぱり不採用。


当時から精神科に通院していましたが、不採用を受けて
不安が一気に増し混乱した私は、


「ただちにニートを辞めなければならない!」

という脅迫じみた思いに駆られました。


ニートとは、つまり「働いておらず、学生でもなく、職業訓練を
受けてもいない」状態ことを言うのだから、ニートを脱するため
には、


1.働く、2.学生になる、3.職業訓練を受ける、


いずれかを選ぶ必要がある


・・・


「よくわからないから、全部やってみよう。」


判断力が低下していた私は、

なぜかこの時期、昼は短大の保育科の学生を兼ねて職業訓練受講生を
しながら、夜はアルバイトをしていました。


3つのうちのどれか1つで良かったんですけどね。



ところで、保育科の職業訓練の話は、
前に「私も日本を出たいと本気で思った時期があった
の記事でも少しお話しました。



で、なぜ今日改めて改めて紹介するかというと、


“今が訓練生の募集の時期だから”

です。


(東京都の例)

保育士養成科(2年制・委託訓練) 平成27年4月生募集 | 職業訓練(民間委託訓練) | TOKYOはたらくネット


実は、東京都は募集を締め切ってしまったようなのですが、
今募集中だったり、これから募集を開始する道府県もあります
から、興味のある方はネットで調べたり、お近くのハローワークに
問い合わせてみてください。

なお、同じく2年間の介護福祉士養成科もあります。


教材費の自己負担はありますが、入学金や授業料は無料で、
一定の要件を満たせば、訓練期間中に給付金がもらえます。

訓練修了時には、訓練の委託先に応じて短期大学卒、専門学校卒の
学位を得ることができます。

離職中の方はもちろん、学生の頃は保育の仕事に興味があった
ものの、経済的な事情などから進学をあきらめざるを得なかった
50歳位までの方にもチャンスはあると思いますよ。



以下は、私の昔話です。


職業訓練を受けると言い出したときは、周囲から猛反対
されました。


職業訓練の申込みから合格発表までの間に受診日があった
ので、主治医に職業訓練の受講について相談したら、
あきれられましたよ。


「2年間は仕事に就かないことになりますよね?いいんですか?」

「いいえ、週2日は夜にアルバイトもします。」

「そんなことで体は大丈夫なんですか?」

「大丈夫だと思います。」


「だったら、訓練はやめてバイトの時間を増やした方が
 いいんじゃないですか?」

「バイトは週7日働いても所詮バイトです。正規雇用に
 結びつくとは思えず、無意味です。」

「あなたのそういう『全か無か』的な考えが心配です。
 『正社員かニート』かじゃなくて、少しずつ働くことに
 慣れるという考え方もあるでしょう。」

「・・・」


「短大か専門学校の保育科、どちらも学生の9割は女の子ですよね。」

「そうだとハローワークから聞いています。」

「あなたが10代の女学生ばかりの環境でうまくやれるとは思えません。」

「女学生がどう思うかは知りませんが、私は淡々と訓練に取り組みます。」


「仮に保育士の資格を得たとしても、20代後半の未経験の男性を
 雇う保育園があるとは、私には思えません。いま一度よく考えて
 みてください。」



結局、職業訓練に通いながら週2日は夜にアルバイトをして過ごすことと
なりました。

主治医の先生には言いませんでしたが、私が職業訓練に応募したのは、
職を得るためというより、とにかく全く新しいことを勉強したいという
思いの方が強かったです。

勉強する内容は、何でもよかった。


主治医の、

「20代後半の未経験の男性を雇う保育園があるとは思えない。」

という指摘は、私ももっともだと考えていたのですが、だからこそ
私はますます保育について勉強したくなりました。


私は臆病な人間ですから、「将来の役に立つ」とか言われると怯んで
しまい、うまく取り組めないのですが、

逆に、「何の役にも立たない」と言われると、安心して取り組めて
しまうのでした。


私は、全ての科目で「優」の成績をとって訓練を修了しました。


よく頑張ったとは思いますが、実は、後ろめたい気持ちもあります。


というのも、私の職業訓練にかかる学費等の費用は、全額税金で
賄われるため、

「私が真面目に訓練を終えても就職できず、結果的に税金の無駄遣い
 をすることで社会に迷惑をかけてやりたい。」

という、自虐的かつ反社会的な思いが心の奥底にはありました。
このことは、正直に打ち明けておかなければなりません。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

誤ったメッセージ

最近仕事が忙しくて、平日家に帰るのは夜の24時近くで、
仕事始めの日から職場に行かなかったのは1日だけでした。

1月は、コメントしたい事件が多くありましたが、それらは
いったん置いておいて、「イスラム国」に人質にとられた
2人の日本人が殺害された事件について言及したいと思います。


自己責任や自衛権についても考えてみたいのですが、それは
後回しにして、今回は「誤解を与えない言葉の選び方」について
考えます。


あくまで私の個人的な印象ですが、イスラム国は日本の外交事情
や国民感情をよく考えた上で作戦を遂行していると感じました。


安倍首相がイスラエルを訪問しているタイミングでの殺害予告は
もちろん、2人同時ではなく、1人ずつ殺害したこと、

殺害の順序も、より多くの日本人の同情を集めていた後藤さんを
後にしたこと、実によく考えられていると思います。
(湯川さんのことを悪く言うつもりはまったくありません。)


外交事情はその道のプロなら簡単に分析できるでしょうけれど、
国民がどれだけ同情しているかについて一体どうやって知り得た
のか、私はとても不思議に思っていました。


「日本に内通者がいる!」

そう考えることも可能でしょうけれど、そう考えてしまうと
イスラム国の思うつぼでしょう。



私が考えるひとつの可能性としては、

「ネットで日本語の記事をアラビア語に翻訳しているのではないか?」

ということです。


アラビア語に翻訳された記事を読んで、日本人の国民感情を
探っているかもしれません。


「ネットのいいかげんな翻訳を真に受けるはずがない。」

と思う方もいるでしょう。
私も半分は冗談のつもりで言っています。

テロリスト集団といえど、世界中から支持者を集めているイスラム国。
その幹部クラスであれば、それなりに賢いでしょうから、ネットの
翻訳を真に受けることはないでしょう。


しかし、末端のメンバーや、まだイスラム国に加わっていないものの
過激な思想を信奉する世界中の人々は、どうだかわかりません。


彼らは、ヤフーニュースのコメント欄を一生懸命にネットで翻訳して
読み込んで、

「これが日本人の考えだ!」

と信じている可能性もあるでしょう。


そのようにして彼らが得た「日本人の考え」とはどのようなものに
なるか、私は確認したくなりました。


そこで、彼らになりきって、Google 翻訳で、平成27年2月1日付の
内閣総理大臣声明を翻訳してみました。


シリアにおける邦人拘束事案について | 首相官邸ホームページ

----
(以下、引用)


平成27年2月1日


内閣総理大臣声明


1.湯川遥菜さんに続いて、後藤健二さんが殺害されたと見られる動画が公開されました。

御親族の御心痛を思えば、言葉もありません。政府として、全力を挙げて対応してまいりました。誠に無念、痛恨の極みであります。

2.非道、卑劣極まりないテロ行為に、強い怒りを覚えます。許しがたい暴挙を、断固、非難します。

テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わさせるために、国際社会と連携してまいります。

3.日本が、テロに屈することは、決してありません。

中東への食糧、医療などの人道支援を、更に拡充してまいります。

テロと闘う国際社会において、日本としての責任を、毅然として、果たしてまいります。

4.このテロ行為に対して、強い連帯を示し、解放に向けて協力してくれた、世界の指導者、日本の友人たちに、心から感謝の意を表します。

5.今後とも、国内外における国民の安全に万全を期してまいります。


(以上)
----


これをGoogle翻訳でアラビア語に訳してみました。

・・・が、私はアラビア語を読めないので何が書いてあるのか
さっぱり分かりません。

分かる人向けにアラビア語をそのままブログに転載しようと
思ったのですが、横書きで右から読むアラビア語をうまく転載
できなかったため、すみません、断念させてください。

ちなみに、アラビア語に訳した文章を再度日本語に訳すと
下記のようになりました。


----
【日本語→アラビア語→日本語】

2015


首相の声明


湯川Harukana、ビデオ、殺さ賢治が公開移動した後、1。

あなたはそれがあなたの親族からあなたの心をレンチと思うなら、言葉はありません。政府として、私たちは最善を取ることで対応してきた。本当に申し訳ありませんが、あなたが後悔のピークになります。

2.法外な、卑劣なテロボールポール、と強い怒りを覚えているでしょう。怒り許せない、しっかりと、そして非難します。

絶対的なテロリストを許可しません。ために彼らの罪のために報酬を作るために、国際社会と協力していきます。

、テロへの決してあきらめない3.日本、。

中東での食品、および医療などの人道支援、我々はさらに拡大していきます。

テロ、日本の責任、と毅然とと闘うための国際社会では、再生されます。

このテロ行為に対する4.、および強力な連帯を示し、それらを解放するために協力してくれた、友人からの日本の世界の指導者たち、そして心から感謝した。

5.私たちは、国内外で完璧に公共の安全に継続します。


----


やっぱり意味が分かりませんが、すごく気になった一文があります。

「ために彼らの罪のために報酬を作るために、国際社会と協力していきます。」


おそらく、元の文は、

「その罪を償わさせるために、国際社会と連携してまいります。」

の部分でしょう。


私は、記者会見でこの一文を聴いたとき、

「宣戦布告と受け取られるのではないか?」

とちょっと心配になりました。


アラビア語が分からないので、「償わせる」がイスラム過激派の
人々にどのように伝わっているのか定かではありません。
「報酬を作る」ってどういうことでしょう。


そこで、私でもなんとか少しは分かる英語に訳してみました。


----
【日本語→英語】

February 1, 2015


Prime Minister statement


1. Following the Yukawa Harukana's, videos seen and Kenji Goto was killed has been published.

If think the your heartache of your relatives, no words. As government, we have responded by taking the best. Truly regret, I will be the height of contrition.

2. Outrageous, the despicable pole ball terrorism, I will remember the strong anger. The unforgivable outrage, resolutely, I will blame.

Does not allow terrorists to absolute. In order to make restitution for their sins, we will continue to work with the international community.

3. Japan, that succumb to terrorism, never.

Food of the Middle East, the humanitarian assistance such as medical, we will further expand.

In the international community to combat terrorism, the responsibility as Japan, and resolute, we will play.

4. Against this act of terrorism, and shows the strong solidarity, and told me to cooperate towards the release, the leaders of the world, in Japan of friends, and sincerely thanked.

5. We will continue for the sake of public safety to perfection both in Japan and overseas.

----


「その罪を償わさせるために、国際社会と連携してまいります。」

この部分は、

In order to make restitution for their sins, we will continue to work with the international community.

と訳されています。


はっきり言って、この訳は誤解を与えるおそれがあります。


この一文を私なりに訳すと、

「彼らの宗教上の罪を挽回するため、国際社会と連携を続けます。」

となります。restitutionを賠償と訳すとなお悪く、

「彼らの宗教上の罪による損害を賠償するため、国際社会と連携を続けます。」

となります。


宗教上・道義上の罪を意味する「sin」という語が使われて
いますが、彼らは聖戦のつもりでやっているわけですから、
宗教上の罪などと言われても反発するだけでしょう。ましてや
賠償するだなんて言われたらなおさらです。


「償い」

日本人であれば、この言葉に込められている微妙な意味を
感じ取ることができるでしょうが、これを英語に直訳すると、
「賠償とか返還」の意味になってしまうようです。


これでは、世界に対して誤ったメッセージを発信しかねません。


私たちの真意のとおりに外国人も翻訳して理解してくれる
なんて思ったら大間違いです。


政府の要人が話し相手ならば、超一流の通訳が相手に自分の
真意を伝えてくれるかもしれませんが、今回の相手は通訳を
介することのできない庶民やテロリストなのです。


このような非常事態に対外的にメッセージを発信する際には、

「外国語に翻訳されたらどのように伝わるか」

も併せて考えなければならないでしょう。


私たちも、イスラム過激派のニュース記事にコメントを投稿する
際は、投稿の前にGoogle翻訳で外国語に翻訳し、自分の真意と
異なる単語が使われていないかチェックしてみるといいかも
しれません。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
プロフィール

人間嫌い3級

Author:人間嫌い3級
日本の片隅でひっそりと暮らす人間嫌いです。
アラサー。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。