FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年前の自分を振り返って

自分が昔書いていたブログの記事を転載して、
最後に今の自分がコメントを付けるシリーズ



人間嫌いのゲイの日記(2007年)から



----


お久しぶりです。

まずは今までコメントくださった皆さん、ありがとうございます。

返事もせずにすみません。


もうコメントくださったこと自体お忘れでしょうけれど、少しずつ

お返事しようと思います。




結局わたしは死んでいません。のうのうと生き続けています。

前の更新から1年と2ヶ月くらいでしょうか。




むかしの人の名言に、


「あの男は本当に17年の経験があるのか。

  1年の経験を17回くり返しただけではないのか。」


なんていうのがあった気がしますが、まさにそんな感じで、

1ヶ月を14回くり返した気分です。




それでも、改めて自分が書いた記事を読んでみると、

「こんなこと考えていたっけ?」

と不思議に思うこともあり、考え方と言うのは意外と変わるものだと

思います。





僕は「時間が解決する」という言葉を信じていませんでした。


純粋に時間の経過によって解決される事柄なんて無くて、時間ではない

他の要因によって解決されるか、あるいは単に当事者が問題そのものを

忘れることで解決されるものがほとんどだと思っていました。




しかし、最近、時間の経過が自分の意識や考え方を変えた場面に出くわし、

たいへん新鮮な驚きを感じたのです。



その驚きをどこかに書いておきたい、じゃあ久々に記事でも書こうと

いうことで突然ブログを再開した次第であります。




詳しいことは次回以降に書きます。



(以上)

-----



生きても陳腐、死んでも陳腐

の記事を書いてから私はブログの更新をぱったり止めたのでした。


中断しているあいだ、自分のブログにアクセスすらしていなかったのですが、
久しぶりに記事を更新しようと思って自分のブログを訪れてみると、
真面目なコメントが沢山ついていて驚きました。



「死ぬ前に私のブログに来なさい」

とか

「私は医療従事者ですが、どんな死も決して陳腐ではありません。
 それはあなたの死にも言えることです。」

とか。


たぶん、私が本当に死んだと思われていたんでしょうね。



さすがにそれらのコメントを全く無視して新しい記事を書くわけにもゆかず、
この記事を書いたのでした。



「詳しいことは次回以降に書く」と書いていますが、

この後どんなことを書いたのか思い出せませんし、もしかすると何も
書かないままブログが削除されてしまったかもしれません。



結局、ブログ『人間嫌いのゲイの日記』に投稿した記事のうち
原稿が残っていたのは4つのみでした。



いま思えば、『人間嫌いのゲイの日記』は、私が初めて自分自身の悩みに
ついて打ち明けた場でした。


当時は、ブログが流行っていた時期で、ブログが双方向性のある情報発信
ツールとして活用されており、私の拙い記事にコメントを下さる方も多く
いらっしゃいました。



当時の私の生きる理由は、

『自分の秘密、悩み、ダメな部分を誰にも漏らさず墓場まで持ってゆくこと』

しかありませんでした。


人一倍長生きをして、自分の素性を知る人間がこの世から誰一人いなく
なって、終いには自分自身もすっかりボケちゃって自分のことを全く
思い出せなくなるのを理想としていました。


そして、そうした理想を抱く自分をひどく嫌悪し、

「このままではダメだ」

と危機感や罪悪感に押しつぶされそうになっていたように思います。



そうした意味では、自分の素性を少しずつ漏らす場、いわばガス抜き
の場としてブログには一定の意義がありました。


このブログを書いた2年後くらいに、私のダメな部分が一気に露呈する
こととなるのですが、当時の私はそんなこと知る由もありません。


仮に、ブログでのガス抜きを経ずに2年後の『自分の価値の大暴落』を
経験していたとしたら、果たして自分は耐えられただろうかと思います。




しかし、一方でガス抜きを行ったことに対して否定的な考えも持っています。



先ほど、私はこう書きました。


“当時の私の生きる理由は、

『自分の秘密、悩み、ダメな部分を誰にも漏らさず墓場まで持ってゆくこと』

しかなかった”


では、今の私の生きる理由は何かというと、特に何もありません。



しかも、生きる理由がないことについて、

「そういう人もいて当然だし、たまたま自分が“そういう人”になっただけ」

と、妙に達観しちゃっているんですね。



自分を偽ろうとしていた頃の私には、暗いエネルギーが満ちていたように
思うのですが、

自分のダメな部分が露呈してしまった後は、すっかりそのエネルギーが
無くなってしまいました。




精神科の診察室で

「年を重ねるにつれて隠し事が増えるような気がして、つらいです。」

と打ち明けた日の主治医の反応が忘れられません。



多数のメディア取材を受ける県内有数のクリニックを30代で開業した彼は、

心の底からあきれた様子で言いました。




「そんなの誰だってそうだよ」





私ってばかだな、先生の言うとおりだと本当に思います。


誰だって後ろ暗い部分はあって当然で、それを隠そうとするエネルギーを
学業や仕事にぶつけるからこそ、ひとかどの人物になれるのです。


ダメな部分をひたすら隠して、将来いい仕事をするために邁進していれば
そっちの方が結果的によかったんじゃないのかと反省する自分がいます。



くだらない自意識のために人生を無駄にした。


“ガス抜き”なんて言って、あたかも自分の意志でダメな部分を小出しに
したように書いているが、本当はただの“ガス漏れ”だったんじゃないか。

自分ではコントロールできない衝動に駆られて、うっかりブログで余計な
ことを書いちゃっただけじゃないか。


ガス漏れの結果の大爆発ならあまりに情けなくて笑えない。



今となっては、そういう否定的な思いが強くなっています。



もっとも、こうして思い出話のように書いて自省することができるのは、
ダメな部分が露呈する経験を経たからこそできるのだ、

ということは十分に理解しているつもりです。


ダメな部分が露呈して、落ち着くところに落ち着いたというだけの話
なのかもしれません。


“落ち着いた”ことについて好評価をする人もいるでしょう。




しかしながら、“落ち着く”ということは、つまり、

『現在の自己像をある程度不変のものとして受容すること』

ですから、


自分嫌いの私には到底受け入れ難いことなのです。



結局、つくづく私は自分が嫌いなんだなと、話が最初に戻って
しまうのでした。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

人間嫌い3級

Author:人間嫌い3級
日本の片隅でひっそりと暮らす人間嫌いです。
アラサー。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。