FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『性的指向』は実在しない

自分が昔書いていたブログの記事を転載して、
最後に今の自分がコメントを付けるシリーズ



人間嫌いという才能(2009年)から



-----


『性的指向』は実在しません。


よく考えてみてください。

『性的指向』というのはどこにも存在しないでしょう。


性的指向は自分の心の中にも、自分の身の回りにも存在しません。



実在するのは、


1.異性あるいは同性のことが好きな人間

2.ある人が異性・同性を好きになるのは自分がヘテロ・ホモセクシャルだから、

  と『説明』する人間


だけです。



実は、性的指向の議論とは、

性的指向というものがあると仮定すると、異性を好きになる人もいれば、

同性を好きになる人もいるという出来事を、うまく『説明』できる、

というだけの話なのです。



つまり、『性的指向』というのは多様な性愛を『分類し説明するための道具』、

言い換えれば『説明概念』にすぎません。


性的指向というものが世の中に実在しているなんて事はあり得ないのです。



いきなり『説明概念』と言われても、ピンと来ない人もいるでしょう。


ですから、説明概念について少し補足をします。


最もわかりやすい説明概念の例は『数字』です。


まさか、0とか1とかの数字が世の中に実在しているわけはありませんよね。


ただ、実在はしていないけれど、0とか1とかいう数字があると仮定すると、

言い換えれば、数字という説明概念を用いると、世の中の様々な出来事が

うまく説明できる、それだけの話なのです。



数字と同じように、性的指向も説明概念です。


性的指向という説明概念を用いると、異性を好きになる人と

同性を好きになる人がいるという出来事を、

うまく説明できる、それだけの話なのです。



そう考えると、性的指向というのは、世の中の出来事をうまく説明するために

誰かがでっちあげた説明概念であり、実在しません。

よって、そんなもののために一般人が悩まされる必要など本来は全くありません。



「自分はゲイなんだろうか。」

「ゲイだと名乗らないとダメなのかな。」


なんて悩むのはバカバカしいですし、時間がもったいないです。


繰り返し述べてきたように、ゲイというのは、同性を好きになったという

自分の身に起きた出来事を説明するための道具なのです。



当たり前の話だと思われるかもしれませんが、

説明概念とそうでないものの区別って、意識しないと出来ないものですよ。

実体の無いものに悩まされないようにしたいものです。



(以上)

-----



ハートネットTV シリーズ多様な“性”と生きている

の第1,2回を視聴しました。


セクシャルマイノリティーの子どもたちがテーマでした。

見ていて思ったのは、子どもたちにとって、悩みを受け止めてくれる
一人の大人の存在はかけがえのないものだということです。


番組中でゲストの臨床心理士が、


「思春期の性は、自分が性同一性障害なのか同性愛なのか、もわっと
 漠々とした感じであるため、“あなたは男なの女なの”などと突き
 付けたり決断を迫ったりするのではなく、あいまいな性を自然に受け
 止めてあげることが大事」


というような主旨のことを話していましたが、私もまったくその通りだと
思いますね。


この点、4年前と今とで私の考えは変わっていません。


同性を好きになったとか、自分の性別に違和感を感じるとか、
そうした自分自身の気持ちに対して真正面から向き合うのが望ましいで
しょうし、素直な気持ちを大事にして欲しいと思います。


しかしながら、その気持ちを抱く自分に対して同性愛だの何だのと
レッテルを貼って説明することとはまったく別の話であります。


レッテルを貼るのは思春期のずっと後でいいんじゃないでしょうか。



ところで、この記事には続きがありますので、そこでもう少し詳しく
書きたいと思います。



記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

人間嫌い3級

Author:人間嫌い3級
日本の片隅でひっそりと暮らす人間嫌いです。
アラサー。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。