FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生デザインU-29 寄宿舎指導員の感想

前回の記事:人生デザインU-29 寄宿舎指導員
参考:人生デザインU-29 | NHK Eテレ



私が放送前に予想していたほど主人公の大西さんが話をする場面は
多くなく、寄宿舎指導員として働く大西智士さんの仕事ぶりや、
普段の生活を中心に番組が構成されていました。


私は、大西さんが

「京大卒だけど、ホワイトカラーじゃない仕事をする自分」

という自意識をもって仕事しているとしたら、また、テレビに出た
ことでより一層そういう意識が強くなったとしたら窮屈ではないか、
と心配をしていましたが、そういう感じの人ではなかったですね。

明るい感じの人でした。



でも、当初の望みどおりの就職をできなかった全ての人が大西さん
のように明るく仕事をしなければならないわけではないでしょう。


障害者福祉の現場で働いてみて、

「やっぱり、もう少し知的能力が必要とされる仕事に就きたい」

と思い、現場での問題意識を持って厚生労働省に入省し、障害者
福祉施策に携わるのだとしたら、それはそれで素敵な職業選択だと
私は考えます。



大西さんは、今後もずっと寄宿舎指導員の仕事を続けていくつもり
なんでしょうかね。

島根に骨を埋める覚悟で来たとのことですので、きっと続けるんで
しょう。


寄宿舎指導員の仕事は、自治体にもよるんでしょうけれど、待遇は
悪くないと思います。

地方公務員としての給料のほか、教員としての手当が貰えますし、
大西さんのお金の使い道を見て分かったように、官舎を格安で借り
られたりもします。

結婚生活を継続できるだけの収入は得られるはずです。



前回の記事で、私は寄宿舎指導員の仕事を福祉の仕事と書きました
が、身分としては教員なんですね。

福祉の仕事には、教育のほか、医療、司法、行政などと密接な関係
を有するものもあることから、福祉の仕事を担う公務員や公的団体
職員も一定数います。

新卒で福祉現場の仕事に就いて、やっぱり合わないと思ったら、そう
いう方面を目指してみるのも1つの手かもしれません。



ただ、公務員になるためには筆記試験を突破しなければなりません。

大西さんが、すんなりと?試験に合格し寄宿舎指導員の仕事に就く
ことができたのは、やっぱり勉強が得意だからなんでしょうね。



若いうちは、人より勉強ができることそれ自体が自分の
身を守る役割を果たすのだとしみじみ感じました。
気づくのがちょっと遅かったかなぁ・・・15年くらい。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

人間嫌い3級

Author:人間嫌い3級
日本の片隅でひっそりと暮らす人間嫌いです。
アラサー。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人間不信・人間嫌いへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 無性愛・アセクシャルへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。